ギター

ギターを壁掛けして省スペースに!賃貸でもできる壁掛け術

「ギターが場所をとる……。」

「ついギターが増えちゃって……。」

 

そんなあなたは、
ギターを壁掛けにしましょう。

こんにちは、はむです。
ギターを壁掛けにすることで、省スペースかつインテリアとしても楽しめます。

「賃貸で壁かけにできない……!」

というそこのあなたにもオススメの方法がありますよ!
では、いきましょう。

 

普通のスタンドは場所を取る

 

まずは一般的なスタンドのサイズ。

 

どん。

横約55cm。

 

どどん。

縦約30cm。

洗濯カゴと並べるとほぼ一緒の大きさ。

 

これは邪魔ですわ…。

6畳部屋にはなかなかの存在感を放ちます。

 

これが1つなら我慢できますよ?

 

ギター好きなら1つじゃすまないことを知っているはずです。

今はスタンドをだいぶ処分してしまったので写真を取ることはできませんが、

5つ6つ並んでました。

 

とっても場所をとりますね。

 

じゃあこれ使えばいいじゃん?ってなるんですが、

 

……違うんだよ!

確かに省スペースになるけど、ギター1本1本が見えなくなる。

 

ギターを愛する変態は、ギターを眺めてニヤニヤしたいんです。

 

省スペースにしたいけど、ギターを眺めたい。

 

それを実現するおすすめアイテムがHERCULES ギターハンガー GSP38WBです。

HERCULES ギターハンガー GSP38WB

お値段約1,800円。

ネジ2本で壁に固定できるようになっています。

 

同様の商品でこんなものもあります。

お値段4つで980円。

 

僕はHARCULESをお勧めします。

 

その理由は、

 

ギターを置くと……

 

がしゃん。

 

閉じてくれるんです。

この安定感、安心感に安さでは勝てないんです。

 

で、取るときは軽くギターを持ち上げれば勝手に開いてます。

使いたいときにスッっととって、使い終わったらカチャッっと戻す。

 

便利すぎる……!

 

が、しかし。多分ここまで読んでこう思った方が多いんじゃないかと思います。

 

「壁に穴あけらなんだけど!」

 

そんな方にいい方法があります。

 

賃貸でも壁掛けを実現

 

どうするかというと、「ディアウォール」を使います。

ディアウォールを使おう

約1000円。

 

ディアウォールは、2×4(ツーバイフォー)というどこのホームセンターにも売っているサイズの木材を、天井と床でつっぱらせることで柱にしてしまおうという画期的アイテムです。

 

このディアウォールと2×4の木材を組み合わせて柱を作ることで、ギターハンガーを固定する場所を作りましょう。僕もこのような方法でギターを壁掛けにしています。

用意する2×4の木材は、天井から床までの長さマイナス4cmにしてください。

そうすることで、ちょうどよくハマります。

自宅で加工できない方はホームセンターの工作室で切るか、切ってもらいましょう。

はめてみるとこんな感じ。

写真用にめちゃくちゃ狭いところに設置していますがご愛嬌。

詳しい設置方法は以下の参考記事を!

ギターハンガーを設置しよう

ディアウォールが設置できたら、ギターハンガーを設置しましょう。

ネジ2本で固定できます。

 

ギターをかけてみると……

 

 

うん、いい感じ。

 

いいかんじ。

 

 

ちなみに、壁からの距離は21〜22cmってところです。

ほとんど邪魔になりません。

 

ディアウォールを2本立てて横にいたをはわせるとこんな感じになります。

 

 

僕はここの下にピアノとギターアンプをおいています。
狭い部屋なので、かなり効果があります。

中央に時計をかけていますが、ここにギターハンガーを設置しても良さそうです。

 

「落ちたりしないの?」と思う方も多いと思いますが、思いの外しっかりしています。

よっぽどの強い力がかからない限り落下することはなさそうです。

まとめ

メリット

●省スペース
●傷をつけにくい
●インテリアとして楽しめる

デメリット

●お金がかかる
●労力がいる

お金と労力はかかりますが、それ以上の満足感が得られるのでオススメです!

DIYが新しい趣味にもなるかもしれません。

ぜひ、ギターを壁掛けにしてみてはいかがでしょうか。

 

以上、「ギターを壁掛けして省スペースに!賃貸でもできる壁掛け術」でした。