カクテル

自宅でカクテル作りを始めるには?必要な道具まとめ

こんにちは、はむです。

今回は、

はむ
はむ
「カクテル作って見たいけど、何が必要なの?」

という方に向けて、必要なものをまとめていきます。
カクテルを作るというとハードルが高いイメージがありますが、最小限の道具を揃えてしまえばお酒さえ買い足していけば様々なものが作れます。

これさえあれば大丈夫というものをまとめていきますよ〜!

まずは揃えたいもの

メジャーカップ

カクテルの材料を測るのに使います。
上の大きい方が45ml、下の小さい方が30mlのものが一般的です。
例えば、分量が10mlのお酒を混ぜるときは小さい方の1/3まで注ぎます。

シェーカー

よく映画やドラマでバーテンダーがシャカシャカしてるアレです。
「シェーカー」といいます。カクテルをシェークする際に使用します。
3つの部位に分かれていて、上から「トップ」「ストレーナー」「ボディ」と名前が付いています。

バースプーン

片方にスプーン、片方にフォークがついているスプーンです。一般的なスプーンやフォークと比べて長く細いのが特徴です。
スプーンでは材料をかき混ぜたり、分量を量ったり。フォークは固形の材料を取り出したりする際に使用します。家で作る時にはフォークはあまり使用しないかもしれません。

ソムリエナイフ

余裕ができたら揃えたいものに入れようか迷いましたが、まず揃えておきたおものです。
オープナー、コルクスクリュー、ナイフが備わってます。
瓶のジュースやワインを開けるのに使います。最初の頃はワインを使ったカクテルを作る機会はあまりないと思いますが、炭酸水やトニックウォーターが瓶の場合がよくあります。
無いと開けるのに苦労するので持っておきたいところです。

余裕ができたら揃えたいもの

ミキシンググラスとストレーナー

「ステア」でカクテルを作る際に使用します。
材料と氷をミキシンググラスに入れ、バースプーンで軽く混ぜ合わせます。ストレーナーを通して注ぐことで、氷が入らずに注げるというわけです。
「シェーカー」をミキシンググラスとストレーナーの代わりに使うこともできるので、購入を急ぐ必要はないかもしれません。

アイスピック

氷を砕くために使います。大きい氷を砕くのに使います。最近では冷蔵庫に自動製氷機能が付いている場合が多いのであまり出番がないかもしれません。大きな氷を作った時には役立ちます。スプーンの裏で叩いて割ると氷がはじけ飛ぶので…。

ミキサー

氷を細かく砕いて溶け込ませるフローズンスタイルのカクテル(ブレンド)には必要です。

丸氷製氷機

名前の通り丸い氷が作れます。いつもの通りのカクテルがおしゃれになります。少々飲みづらくなるのが難点。

モヒート用の棒

モヒートを作る際に使用します。ミントの葉をグラスに入れた後、この棒で潰します。潰し具合によっても味が変わってくるそうです。奥が深い。

ここまで、「まずは揃えたいもの」と「余裕ができたら揃えたいもの」をご紹介しました。
ここに挙げた以外にもカクテル作りに使える様々な道具があるので興味のある方は調べて見てくださいね。

以上、「自宅でカクテル作りを始めるには?必要なものまとめ」でした。