ギター

ベース弾きもUフレットを活用して演奏を楽しもう!

はむ
はむ
こんにちは、はむです。

ベーシストのみなさん、朗報です。 ベースの練習にUフレットが使えます。

ベースとギターの対応

まずは、ベースとギターの音の関係からお話ししていきます。

ギターの6〜3弦の音とベースの4〜1弦の音は一緒です。Uフレットでギターのコード譜を見た時の一番下が6弦で一番上が1弦ですね。つまり、ギターのコード譜の下4本がベースと対応しています。

ベースを演奏するときのUフレットの見方

まずは、Uフレットを開きましょう。

Uフレット

スピッツのチェリーを例に見ていきます。

Cherry

最初のコードCですが、一番低い音(ルート音)は5弦の3フレットです。 ここで先ほどの対応で考えるとベースの3弦の3フレットが対応しています。

ベースを演奏する際は、ギターで言う一番低い音を演奏すればしっくりきます。 Gだったら4弦の3フレット、Amだったら3弦の解放です。

はむ
はむ
とにかく一番低い音を見よう!

原曲通りのベースの演奏にはなりませんが、ルート音があっていれば違和感ありません。 曲にあったリズムを自分で考えながら演奏してみてください。

いろいろな曲に簡単に合わせることができるので楽しく演奏できます。

ぜひ、ベースをお持ちの方は演奏を楽しんでみてください。 以上、「ベース弾きもUフレットを活用して演奏を楽しもう!」でした。