お酒

結局どれがおいしい?5大ウイスキーの味の違いをまとめてみた

こんにちは、はむです。

今回は、ウイスキーの種類について解説します!

ウイスキーの種類

世界5大ウイスキーと呼ばれる5つの種類があります。

  • スコッチ
  • アイリッシュ
  • アメリカン
  • カナディアン
  • ジャパニーズ

それぞれ個性があり、自分好みの産地を見つけるとウイスキー選びが楽になると思います。

それぞれのウイスキーについて解説していきます。

スコッチウイスキー

世界一の生産量を誇る、スコットランド原産のウイスキーです。

ピート(泥炭)を焚いて乾燥させることによってもたらされる、スモーキーな香りが特徴です。

泥炭は大麦を発芽させて麦芽にした後、麦芽の成長を止めるために乾燥させる際の燃料として、香り付けを兼ねて使用されます。 この時につく香をピート香と言います。

代表的なスコッチウイスキーにはシーバスリーガルなどがあります。

アイリッシュウイスキー

アイルランド産のウイスキーです。

ビートを用いずに製造しているので、麦の香りが感じられるウイスキーです。

ウイスキーの中では軽い味わいなので、飲みなれていない方にはおすすめです。

代表的なアイリッシュウイスキーにはジェムソンなどがあります。

アメリカンウイスキー

アメリカ産のウイスキーです。アメリカで生産されたウイスキーであるのはもちろんのことですが、連邦アルコール法により決められた定義を満たしているものがアメリカンウイスキーと呼ばれます。

バーボンウイスキー

バーボンウイスキーという言葉を知っている方が多いかと思いますが、アメリカンウイスキーのうちの1つです。ケンタッキー州のバーボン群で生まれたウイスキーをバーボンウイスキーと呼びます。

「原料の穀物中にトウモロコシを51%以上含み、80度以下で蒸溜し、さらに内面を焦がしたホワイトオークの新樽で、アルコール度数62.5度以下で熟成したもの」

代表的なバーボンウイスキーにはジムビームなどがあります。

テネシーウイスキー

アメリカンウイスキーのうちの1つです。テネシー州で生まれたウイスキーをテネシーウイスキーと呼びます。

製造方法はほとんどバーボンウイスキーと変わりませんが、異なっているのは「チャコールメローイング製法」という過程です。

チャコールメローイング製法とは、できたばかりのウイスキーをサトウカエデの炭でろ過します。

この過程により、味がまろやかになり、口当たりがよくなります。

代表的なテネシーウイスキーにはジャックダニエルなどがあります。

ジャパニーズウイスキー

日本産のウイスキーです。

スコッチウイスキーの製法を日本に持ち込んだことが始まりとされているので、スコッチウイスキーの特徴と似ています。

また、ジャパニーズウイスキーは食事と合わせることを想定して作られています。ですので、スコッチウイスキーほどスモーキーな香りが強くありません。

代表的なジャパニーズウイスキーは、角瓶、ブラックニッカ、トリスなどがあります。他の種類と比べ価格が抑えられています。

カナディアンウイスキー

カナダ産のウイスキーです。カナダで生産されたウイスキーであるのはもちろんのことですが、カナダの法律により決められた定義を満たしているものがカナディアンウイスキーと呼ばれます。

定義は、穀類のみを原料とし、これを麦芽の持つデンプン分解酵素によって糖化し、酵母によって醗酵させること、カナダ国内で蒸留すること、アルコール度数40パーセント以上瓶詰すること、容量700リットル以下の樽を用いて熟成を行い、最低でも3年以上の熟成期間を経たものであることです。

ライ麦を多く使用しているので、ライ麦が香り、バニラのような甘い香りがするのも特徴です。独特な香りがなく、甘さを楽しむことができます。

代表的なカナディアンウイスキーは、カナディアンクラブがあります。

ここまで、世界5大ウイスキーについて解説しました。

私は個人的にアメリカンウイスキーが一番美味しいと思います。特にジャックダニエルやメーカーズマークです。

お酒の好みは人それぞれだと思いますが、ぜひ一度、それぞれのウイスキーを飲み比べてみてはいかがでしょうか?

以上、「結局どれがおいしい?5大ウイスキーの味の違いをまとめてみた」でした。